乾癬患者を支える10人の物語

case07

僕にとって乾癬治療は〈オーダーメイド〉。患者さんひとりひとりとじっくり向き合い、最適な治療法をいつも模索しています。

ー川崎 はるひ野皮フ科クリニック 渡部 秀憲 先生

「僕だって花粉症の薬よく飲み忘れちゃいますからね、患者さんに無理な治療を強いるなんてできませんよ」そう笑顔で語ってくれた渡部先生のモットーは、どんなことがあっても患者さんを責めないこと。患者さんが少しでも前向きに治療に専念できるよう患者ファーストの視点でいつも励ましながら治療にあたっています。

「乾癬治療はオーダーメイド。塗り薬、飲み薬、そして注射剤と今は薬の選択肢もさまざまですし、たとえば光線治療もやりたいけれど時間がなくてなかなか通えない、という患者さんもいます。僕が知りうる全てのメニューを患者さんに開示し、ひとりひとりの患者さんが無理せず続けられる治療は何かをしっかり話し合って決めています」

その言葉どおり渡部先生の治療は実に柔軟。たとえばミニスカートが履きたい、と訴える若い女性には、肌を露出する季節だけは飲み薬でしっかり症状を抑えてもらい、秋になったらまた塗り薬に戻る。友達と温泉に行きたいと願うご婦人には旅行前から飲み薬を服用してもらい、旅行から戻ったら再び塗り薬に戻す、といった具合。

「薬は塗ってもらわなきゃ、飲んでもらわなきゃ意味がない。患者さんが治したい狙いにあわせてしっかり治療する、というやり方もあっていいと思うのです」

乾癬とは長い付き合いになるからこそ、漫然と治療せず、常に治療意欲が下がらない工夫を心がける、と語る渡部先生。県外からもやってくる患者さんが多いこの病院の人気の秘密を垣間見たような気がしました。

あなたに合った治療が見つかる
3つのポイント
お医者さんと自分にあった治療法を相談するためのチェックシート