世界乾癬デー2018 実施レポート

SEARCH
THE KANSEN

「乾癬は感染しない」ことを伝える取り組み

01 背景

乾癬患者さんは、見た目や「カンセン」という響きから「感染する」病気と誤解されることがあります。 また、「乾癬」の認知率は一般的に低く、疾患への正しい理解が浸透していないことから、乾癬患者さんの多くは精神的な負担を抱えています1)。そこで、10月29日の世界乾癬デーに「乾癬は感染しない」ことを社会に広く知ってもらう疾患啓発キャンペーンを行いました。

1)世界保健機関「世界乾癬レポート」, 2016

02 知ってもらうための取り組み

「乾癬は感染しない」ことを知ってもらうため、「カンセンはカンセンしない」という漢字問題を渋谷の街に掲示しました。10月29日の世界乾癬デー以降は、解答を掲示し、「乾癬という疾患を正しく知ってもらう」ことが多くの患者さんを支える力になるということを伝えました。

出題編

10月16日10月28日

解答編

10月29日11月14日

提示イメージ(渋谷周辺17ヵ所)

多くの方々の目に触れるよう、看板広告、コインロッカーなどで展開

キャンペーンの流れ

実施期間 10月16日11月14日

  1. 漢字問題を提示
  2. インターネットで検索
  3. 正解を確認
  4. 正解とともに疾患を啓発

街の人の声

10月29日の世界乾癬デー当日に、乾癬疾患啓発について渋谷の街でインタビューを実施しました

  • “知らない病気だったけど「乾癬は感染しない」ということがよくわかった。”

  • “テレビで最近よく話題になっていたので乾癬は知っていたけど、感染しない病気なんですね。”

  • “僕らが正しく知る事で患者さんの負担が減るのだとしたら、よいことだ。”

  • “友達がもし乾癬になったら、感染しない病気だから大丈夫だよ、って言ってあげたい。”

  • “娘が乾癬なのですがこういうイベントで誤解が減るのはとてもうれしいです。”

  • “自分も乾癬患者なのですが、感染しないことを今日のクイズではじめて知りました。”

このキャンペーンと、それを報じたメディアを通じて、多くの方に問題を検索していただき、「乾癬」という疾患を知ってもらうひとつのきっかけをつくりました。
セルジーン株式会社では、乾癬デーに限らず、今後もこのような啓発活動を通じて、乾癬への正しい理解を社会へ広めて行くお手伝いをして参ります。